お金が好きな人の為の開運情報

~元占い師がこっそり教える、パワースポット・日々の生活・金運情報・運気を上げる方法など~

新月・満月の力をかりて、運気をアップする方法

      2016/04/25

月の満ち欠けで運気アップ
月には神秘的で偉大なパワーがあるとされています。

統計では、満月の日には事故が多いとか、出産が多いというデータもあるようです。
今でも、月齢カレンダーが張ってある産婦人科もあるそうですし、医療関係者の中にも月の満ち引きを気にかけている方も少なくないようです。

「今日はなんかついてるなぁ~。」とか、逆に「ついてない・・・。」と思うことはありませんか?

そのツキ、月が関係しているかもしれません。

新月と満月の特徴を知り、「ツキ」を味方につけましょう。

「月」のリズムを知り、流れに乗っていくと、物事がスムーズに運ぶようになり、さらにはどんどんと幸運が舞い込んでくるようになります。
なぜ、太陽でなく月とリズムを合わせると良いのか?は別の記事にする予定です。

今回は、金運アップに着目して「月のパワーを最大限に活用する方法」をご紹介していきます。

|新月(月齢0)new moon

新月とは、太陽と地球の間に月が入る形でほぼ一直線に並んだ状態のことです。
地球上で昼間になっている地域で月が頭上にあるため観測することは難しいです。
つまり、見えません。

昔は、月の満ち欠けで暦を数えていたので、「新しい月」を「新月」とし、次の新月までを1か月とカウントしたそうです。

新月は、これから少しずつ満ちていき、「満月」に向かいますので、「スタート・始まり」「成長」などの意味を持つとされます。

新月に金運上昇のためにすると良いことは?

■新月の願い事

新月の願い事
新月と言えばお願い事です。新たにスタートするための、前に進むためのお願いごとがおススメです。
お金に関する願いの場合は、レシートの裏に書くと、出ていったお金が死に金にならず、あなたに戻ってきやすくなるようです。

<お願い事のしかた>
1.まず、新月の日にちと時間を確認します。
↑必ず時間もチェックしてください。2016年新月時刻表を調べる
2.新月になったら、8時間~48時間以内にお願い事を紙に書きます。
↑ボイドタイムは必ず避けてください。フライング・下書きもNGです!
3.お願い事の個数は2個~10個くらいがベストで、より具体的に心からしっくりくるまで何度でも書き直してください。
4.日付を書き込んで保管してください。→満月の日に破って捨ててください。

■お財布を使い始める

新月・財布使い始め
お金の運気を上げたいなら、お財布を使い始めるのには「新月の日」がよいとされています。
新月が満月に向かって満ちていくように、お金も財布の中に満ちてくるとされ、縁起がよいとされています。
※お金の家でもある財布に関しては今後新たに記事を更新する予定です。

■新月ウォーター

新月ウォーター
新月水は、「スタート」のエネルギーが満載された、パワフルなお水です。
嫌な気持ちをリセットしたい、新たなスタートをしたいときに強力な味方になってくれそうです。
毎月の新月ウォーターを習慣にすることで、月と波長が合いやすくなり、スムーズな流れでツキが巡ってくるようになるようです。
<新月ウォーターの作り方>
1.ペットボトルに天然水を用意します。
※最近はミネラルウォーターの中にも天然水でないものがありますので注意が必要です。
2.新月の夜、窓際やベランダに置いて月光パワーを頂く。できれば2時間以上をおススメします。

新月にしない方がいいこと

■願い事のフライングをしない

フライング
新月の日にお願い事をすると、願いがスムーズに叶いやすくなると言われていますし、実際にお願い事をされる方も多いと思いますが、新月の日にちを調べて、紙とペンを用意するところまでは良いのですが、願い事の下書きをしたり、新月の時間が始まる前に書き始めてしまうと、お願い事は叶わないと言われています。
月がすっかりリセットされ、0のエネルギーに戻ってからお願い事を始めた方がいいようです。
大切なお願い事がある場合、せっかく書くのならぜひ実ってほしいと思いますので、時間だけは守っていただくことを強くおススメしたいと思います。

■できるだけ刺激の強いものを避ける

強い刺激を避ける
新月の日には、人によっては感受性が強くなったり、敏感になったり、必ず頭痛がする人がいたり、見えないパワーに影響を受けていると思われる反応が多くあります。
ハードなアクションの映画や、恐怖映画、不安をあおられるような情報を積極的に受け取らないようにお気を付け下さい。
一概には言えませんが、思わぬ精神的ダメージをうけてテンションが下がってしまう可能性がありますので、未然に防ぎましょう。
月の満ち欠けの周期に合わせたハーブティーなどもありますので、好きな音楽を聴いたり、ハッピーになれる映画などを見て「快」の状態でいれるよう心がけましょう。

■他人のことに執心しない

人の噂話・悪口を言わない
人の噂や、悪口、文句などは、本来言わない方がいいことですが、新月の日には特に気を付けてください。
新月に口から飛び出した言葉は、巡り巡って自分のところに返ってきます。
エネルギー0の新月は、その日からだんだん満月に向かって成長していきます。
人のことを悪く言うと、その言葉が成長して・・・。
言葉にしなければ、思うことは自由なのか?と思う方もいるかもしれませんが、心で思うことも同じことです。

”他人は自分の鏡”と言います。
新月の日は、「自分に集中する」1日にされることをおススメします。

|満月(月齢13.8~15.8)full moon

太陽と月の間に地球が入る形でほぼ一直線に並んだ時に起きる現象で、地球上で夜になっている地域から月が真円に近い状態で観測できます。(まんまるお月さまのことです。)
いわゆる「お月見」は、この満月のときに、縁側でお団子を食べながら・・・。と言うことです。

この日から、だんだん欠けて「新月」に向かっていくので、「手放すこと」や満月そのものでもある「達成・完了」の意味合いを持つとされています。

満月の日に金運アップのためにすると良いこと

■財布に満月パワーを頂く

財布に満月パワーをもらう
<満月パワーを頂く方法>
1.まず財布の中身をすべて出します。
(レシート・ポイントカード・クレジットカード・免許証・保険証・会員カード・お守り・硬貨・お札などなど)
2.次に、空っぽになったお財布を満月の月光にかざして感謝の気持ちを捧げます。
※その時、絶対にフリフリしないことです!!
↑諸説ありますが、経験上、お財布はふりふしない方がよさそうです。
筆者はお財布を人生で1回だけ満月の日にふりふりしてみたことがあるのですが、その数日後、財布の中のお金が盗難被害に遭いました…。(笑えますが実話です。)

■パワーストーンの浄化

パワーストーンの浄化
パワーストーンのネックレスやブレスレットを普段身に着けている場合、定期的に浄化をすることで、吸い取った邪気をはらったり、パワーをチャージすることができると言われています。
さまざまな浄化方がありますが、満月の光で浄化する「月光浴」は最強だそうです。
<パワーストーンの浄化方法>
満月の夜にお気に入りのお皿などにストーンをのせて、ベランダなどに置いて、月光を浴びさせてください。
時間については10分程度~一晩中とさまざまです。
石の種類によっては日光(紫外線)がNGなものもありますので、1~2時間をおススメします。

■満月ウォーター

満月ウォーター
1.ペットボトルに天然水を用意します。
※最近はミネラルウォーターの中にも天然水でないものがありますので注意が必要です。
2.満月の夜、窓際やベランダに置いて月光パワーを頂く。できれば2時間以上をおススメします。

満月水は、「完成」のパワーが満ち溢れていて、バランス感覚に優れているお水です。
「仕事とプライベートのバランス」「心と身体のバランス」を整え、強運体質作りに一役買ってくれる可能性があります。
お風呂に入れたり、飲用したり、お掃除やお料理に使ったりなど、あらゆる場面で簡単にお月様のエネルギーを取り入れることができますね。

満月にしない方がいいこと

■外科的治療

外科手術
満月の日は、潮の満ち引きで言えば「満潮」の状態。
人間の体は月の影響を受けると言われていますので、いつもよりも、出血量が多いと言われています。

そのため、外科手術や、歯科治療においても抜歯などは避けた方がよさそうです。

緊急手術などのやむを得ない場合以外は、日を改めて予定されることをおススメします。

■暴飲暴食

暴飲暴食
満月の日は月の影響を受け、水分量やリンパ液の量もいつもとは違うと言われています。
また、「吸収」のエネルギーが充満していますので、食べたら食べただけ吸収してしまう恐れがあります。
それと、お酒にも酔いやすいそうですので、深酒にも気を付けましょう。
そもそも、暴飲暴食はあまりおススメできませんが、満月の日は特に気を付けたいものです。

※ちなみに、この日から満月は新月に向かって「欠けて」いきますので、ダイエットを始めるのであれば、次の日からのスタートが最適です。

■愚痴を言う・自己否定をする

自己否定
新月のNG行動としても書いていますが、新月のエネルギーとは違って満月の日の不満は、とんでもなく膨らんでしまう恐れがあるのでダメです。
ほんの些細なことでも、グチや不満が出てきそうなときでも、ぐっとこらえて思いを断ち切りましょう!

また、自己否定も満月パワーで増幅するのでしてはいけません!

どんな自分になりたいか、どうありたいか?
しっかり、考え、瞑想する時間に最適です。

答えは自分の中にあります。

まとめ

新月・満月のパワーをかりて、存分に自分磨きをしましょう。
新月の日・満月の日ともに、共通していることは、「自分にフォーカスすること」です。

色んな人に囲まれ、関わりながら生活していると思いますが、新月と満月の日だけは愚痴や噂・悪口と波長を合わせるのではなく、自分自身の前向きな未来に焦点をあてて、運のいい体質と巡ってくるツキをいつでもつかめる準備をしておきましょう。

それがひいては、金運アップへの道しるべとなります。

 

この時期はどうしてもお金が必要?

>>> ネットで完結!誰にも知られずにお金を借りれる所はこちら
私もここを利用して当日中にお金を用意することが出来ました。

 - 2016年満月・新月情報