お金が好きな人の為の開運情報

~元占い師がこっそり教える、パワースポット・日々の生活・金運情報・運気を上げる方法など~

金は道具である・・・。【ユダヤの格言】

      2016/04/04

金は道具である、道具に支配される者などいない。 だから、道具はできるだけ多く持っている方がいい。

この言葉は、ユダヤの典型的な思想のようです。
ユダヤの考えでは、お金は単なる道具です。
その道具をたくさん持っていれば、できることが増える、そう考えるようです。

確かに、お金を持っていれば、物に関しては不自由することがないと言えますね。

それに、道具だと考えると、汚い物でもないし、悪いものでもありません。
日本では、比較的お金に対して、悪いイメージが付いているような気がします。

今現在お金に対してブロックがかかっている人は、イメージを塗り替える時期が来たかもしれません。

お金そのものは、ただのモノでしかなく、汚くも・悪くもありません。
単なる道具なのです。
そして、この道具をたくさん持っていると、自由になることが増える・・・。

ただそれだけの、モノ。

人間関係と同じで、自分が嫌いだと思っていたりすると、十中八九、相手も自分のことを好きだとは思っていないように、お金も「汚い・悪い」と思っていると、お金から寄って来たり、集まってきたりすることはないのではないでしょうか。

ただのモノなので、好かれるだとか、寄ってくるとかいう発想も、矛盾するかもしれませんが、お金は「豊かさの象徴」という側面も存在しますので、精神面の影響も大きく受けるのではないでしょうか?

お金と仲良く付き合うことができると、自然とお金が集まってくるような気がします。

この時期はどうしてもお金が必要?

>>> ネットで完結!誰にも知られずにお金を借りれる所はこちら
私もここを利用して当日中にお金を用意することが出来ました。

 - ユダヤの大富豪に学ぶ